【考えてもしょうがない】〜不安を手放そう〜

【考えてもしょうがない】〜不安を手放そう〜

 

よく、考えてもしょうがない、と言いますね。

 

 

ほんとうにその通りなのです。もちろん考えるべきこともあります。考えて解決するならいいのです。

 

 

そうでないことは、時間のムダ、エネルギーのムダ、いのちのムダです。そうでないこと、それは過去について悩むこと、将来にたいして不安になることなどです。

 

 

気持ちはわかりますが、やはりムダです。

 

 

ムダどころか、その不安のエネルギーこそが現実化することを考えると、悩むことで一生懸命に本当は歩みたくない道をあゆむことになるのですから。

 

 

不安になって、状況が好転するならいいのです。でも不安になっても状況が良くならないのであれば、ほんとうに不安になる意味がないのです。

 

 

気持ちは分かります、しつこいようですが・・。

 

 

不安になっても何も生産的ではないのです。むしろ変な現実を創ってしまうでしょう。

 

 

しかも、不安になっている最中は、とても気持ちのいいものではありません。ストレスで髪の毛が抜けそうです・・。ご飯ものどを通らない、あるいは過食するか、お酒を飲みすぎたり・・。

 

考えてもしょうがない

 

考えてもしかたがないことは、考えないことです。

 

 

あるとき、人に言われたことがあります。

 

 

その人は、お金がなくて毎日気持ち悪くなるほど、吐きそうになるほど不安だったそうです。でも、それくらい不安だったとき、ある日フッと気が付いたそうです。

 

 

たしかに今、充分な、欲しいだけのお金はないけど、雨風がしのげる家にすんで、ご飯も一応食べられて、お風呂も入ることができる。
よく考えたら、ちゃんと生きているし、「本当には」困ったことはない。なんとかなっている、いつも・・。だから将来、未来、来月の支払いなどが不安でも、【ほんとうに】困ったことにはなっていない。だから、不安になっているのは、実態のない妄想にたいして、漠然と不安になっているだけだ。

 

 

と腑に落ちたそうです。

 

 

不安になることはたぶん、誰にでもあるでしょう。そのほとんどは妄想・想像であり、その妄想・想像じたいに不安になっている。

 

 

つまり、わたしたちは不安に「勝手になっているだけ」ではないだろうか?と思うのです。

 

 

不安はクセもあると思います。

 

 

もう世代を超えて、ずーーっと私たちは、不安や恐怖とともに【合体して】生きてきました。うまれてこのかた、不安はいつもそばにあり、手を取り合うようになかよく共に歩んできました。

 

 

不安を手放すのはむずかしいでしょうか?そんなことはないかもしれません。

 

 

今までずっと一緒だったから、手を放したら、自分が自分でなくなるような感覚になり、手を放すこと自体が怖いかもしれません。私たちは、実は恐怖や不安から手を放すことを怖がっています。手を放したことが記憶にはないから・・。

 

 

手を放したら、これからどうなるかわからない。

 

 

未知の世界ですから恐いのです。それは誰でもそうかもしれませんね。

 

 

しかし、不安になっても何の得もない。お得ではないのです。得るものがない。。

 

 

そして、徳にもなりません。不徳になります。宇宙の流れ、神、進化するということを信じていないことに通じるからです。

 

 

だとしたら、不安になるのがばかばかしくなります。意味がないどころか、不徳をつくり、お買い得でもなく、気分もわるい。さらに体調も悪くなる。

 

 

だとしたら、やっぱり、笑っているほうがいいと思うのです。

 

 

いま、この瞬間、このときに、わらっていること、朗らかに感謝してうれしいきもちでいること。

 

考えてもしょうがない

 

なにも特別なことがなくても、この一瞬一瞬は、きっと振り返れば、宝物に違いないのです。

 

 

みんなが見守ってくれて、森羅万象のすべてがあなたを応援し愛しています。敵対している人がいても、そんな人こそ、あなたにとってかけがえのない、大事な役割の、感謝すべきキーパーソン(重要人物)です。その人なくしてあなたの進化発展はないのですから。

 

 

ですから感謝しかありません(笑)

 

 

私たちはみんな、妄想の世界に一喜一憂しています。

 

 

逆の例でいうと、たとえば結婚にものすごく憧れをいだき、いざ結婚したら、「あ、こんなものかな・・」くらいの感覚ってないでしょうか?

 

 

妄想にときめく。そして妄想に不安になる。

 

 

妄想をとびこえて、現実にぶちあたったとき、「あ、こんなものか」ってあると思うのです。よく考えたら大したことなかったな・・という感覚。

 

 

そう考えると、私たちがいかに、妄想に振り回されているのか分かります。そして、そこにエネルギーを費やすことで、今この瞬間がおろそかになってしまう、そんな本末転倒な事態になるのではないでしょうか?

 

 

大事なのは、いまここで幸せであること。

 

 

今ここで、幸せなのだから、それを感じる敏感な意識を取りもどすことです。

 

 

取り戻すといっても、そんなたいそうなことではないです。意識しつづけることの積み重ねですから、意識すればできます。

 

 

考えてもしょうがない

 


以下は関連記事です。
ほほえんで、安心していて大丈夫です

 

 

 

 

page top