もう働きたくない、今日を自由に生きる。

コロナウイルス自体は恐がるものではない

コロナについて

 

あなたの恐怖や不安が少しでも軽くなられるように、今日は書いていきたいと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

単刀直入に言いますと、コロナウィルス自体は恐がるものではありません。

 

他のどんな病気もです。

 

どんなことにも、病気にも意味があります。
もちろん、今回の現象にも意味があります。

 

その意味さえ知ることが出来れば、なんにも恐れることがなくなるのです。

 

本来であれば、世の中には病気も貧困もありません。
宇宙には、そんな気持ちの良くないものはもともと存在しないのです。

 

じゃあ、なんで今そんなものが存在するのかと言ったら、病気や貧困や不幸、不安、恐怖などというものは人間が後から作り上げたものなのです。
人工物です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

宇宙がビックバンを起こして、この世界を作り上げた当初は、すべてがすこやかで、何も不幸なことなどなく豊かで、みんなが
いきいきと過ごすまさに楽園そのものの世の中でした。

 

そのままだったら、何にも問題なかったのです。
宇宙は、豊かさと喜びで光りかがやき、栄え続けるだけだったのです。

 

ですがあるとき、私たちはその神の流れに逆らったのです。逆らってみたのです。
不幸や貧しさ、不健康などの「概念」を思考で創造しました。

 

その「概念」でしなかったものに、少しずつ少しずつエネルギーを与えることで、反物質だったものが固い物質にまで固定されていったのです。それが病気というカタチであったり、貧困という現象になります。
宇宙の流れとは逆方向に進み、世界は荒れに荒れていったのです。

 

ですが嬉しいことに、本来の宇宙の流れ自体は、すべての命が輝き続けるように、栄え続けるようにと最初から決まっているのです。
河の流れが下から上に流れないように、物が下から上に落ちないように決まっているのとおなじことです。

 

私たちは、その本来の流れ(繁栄、幸せ)に戻されようとしています。
これは創造主の愛(天意=あい)です。
創造主は(私たち皆創造主なのですが)もう、この長い長い人類の宇宙に逆らう事によっての苦しみを、もう容認しないそうです。

 

それが今回のコロナ現象です。
今までにもたくさんありましたが今回がラストのようです。

 

「え、じゃあ神様は私たち人間を淘汰するってこと?」
いいえ、それは違います。

 

神はいっさいを裁きません。生きとし生けるものすべてを祝福しています。
そしてどんな人もどんなことも、今まですべて許されてきました。

 

もちろん、これからも本質的には神は許し続けることに変わりはありません。

 

ただ、あまりにも長い歴史の中で人類がどんなことをしても許し続けてきたけれど、これ以上はもうキリがなく、人類に進化も発展もないと判断の上、近年のさまざまな大変革があるのです。

 

今までも、地球上大きな変化は幾度となくありました。
その度に、私たちは何度も何度も生まれ変わり、さまざまな人生を経てここまでやってきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コロナにどんなメッセージがあるかというと、それは自らが創造主として目覚めなさいということです。
私たちが生きている世界は、例外なく自分自身が創っています。

 

コロナという、化け物のようなウィルスが悪さをして人を殺すと思っていると、本当にその現実を作ってしまうのです。
なぜなら、創造主であるあなたがそう思って決めるから、細胞がそのように変化してしまうのです。

 

(細胞にとっては本望ではないですがあなたの命令だからそれに従うのです。意識であるあなたが主(男性性・陽)で体は従(女性性・陰)ですので、愛そのものであるからだは、あなたのすべてを愛で受け入れ従い、ついてきてくれています。)

 

そしてウィルスというのは、遺伝子の書き換えをしてくれるそうです。
ウィルスなしには人間は遺伝子レベルで進化できないのでしょう。

 

結論をいうと・・

 

自らが創造主、創り手(神)なのだとはっきり自覚し、誰のせいにも(コロナのせいにも)せず、自分の人生を自らが切り開いていけるのだといきいきと生きる覚悟であるならば、コロナウィルスはあなたにその創造主としての王冠を(エネルギーレベルで)授けてくれるものとなります。

 

(コロナはラテン語で王冠という意味です。ウィルスを通してこれからの輝かしい時代に即した体になるよう、あなたの体の遺伝子の書き換えを行いレベルアップしてくれます。)

 

一方、コロナウィルスは恐ろしいし世界もどうなるかわからない、自分もいつかうつるかもしれない、だってこんなことは私はコントロールできない、自分は弱い体だから・・などと「あなたが」決めると、その通り危ない目に合うかもしれません。

 

ひどい、神も仏もないじゃないか!ではないのです。
あなたが神なのです!

 

そこをいい加減に思い出せという最終メッセージです。
中国や、人や、環境などのせいではありません。

 

あなたの意思があなたの世界で最強のチカラをもっているのです。
あなたの意思次第です。

 

自分の意思というものがどんなに強いのか、周りに対しての影響力をもっているのかを、思い出して自覚してください。

 

私たちは、あまりにも長い間、自分が何者かを忘れてきました。
ずっと眠ったままでした。(不覚)

 

いま、自分こそが創造主だったと思い出す人がどんどん増えてきています。(目覚め)
本来の瑞々しく豊かで愛だけの、宇宙に戻ろうとしています。

 

ここからが、本当の世界のはじまりです。

 

コロナウィルスは恐がるのは本末転倒であり、本当は感謝すべき恵みの光(素粒子)です。

 

悪者にしたのは人間の意識です。どんなものでも悪い使い方、捉え方をすることはできます。
その巨大な集合意識に飲まれず、あなたはあなたの生きつづけるぞ!という意思こそがあらゆるものの中で最強なのだという事実を、どうか思い出してください。

 

年齢や病状などまったく関係ありません。
現にいま、たくさんの人が、生きる気力を取り戻し、回復されています。

 

あなたの意思は奇跡を起こすことができるのです。
そのことを、信じてみてください。

 

希望的なことですから、信じても、あなたに損はないはずです。
どんな現象も好転して奇跡を起こすことができる例は、実際、歴史を辿ってみても枚挙にいとまがありません。

 

 

本来どんなものにも、「悪いもの」と決めつけられるものはありません。
この世に抹消するべきものなんてただの1つもないのです。

 

全て、祝福されるべきものばかりです。祝福されることで、どんな闇も光に変わります。
愛(天意 あい)しかないのです。

 

愛は愛情とは別物です。
天意(愛)は、天の意思であり、天のあるべき姿です。
天の意思に沿っていれば、すべてうまくいくように、最初からできているのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あなたの中の闇(恐怖や不安など)は光を当てることで輝きます。
冷たく凍り付いたものが、あたたかく溶けて天に還るのです。

 

あなたの中の恐怖は、作り手であるあなたに見つめられ、見守られ、嫌われるのではなく慈しまれ、祝福されるのを待っています。

 

固く凍り付き身動きできなくなったその苦しい自我さんを、細かく輝く光のツブツブへと戻してあげてください。
あなたが創ったその、恐怖(自我)はあなたが解体してあげないと、光にもどり(死)そして再生する(生)ことができません。

 

いのちは、生まれ死ぬ過程を行ったり来たりしますが、
生まれるものというのは私たちは祝福しますが、死についてはずっと忌み嫌ってきました。

 

でも死は本来嫌ったり、恐がったりするものではないのですが、これは話がとても長くなりますので、
またあらためて書きたいと思います。

 

 

人類は滅亡するわけでも淘汰されるわけでも決してなく
創造主であるあなた自身が選ぶのです。

 

@未来永劫、豊かに栄え続ける世を創造主(王)として自身が創り続けるか
A自分は創造主なんかではないから(と判断し)、差し出されている王冠は投げ捨て、人間意識の眠ったままでいるか

 

大先輩である神(天之御中主神 アメノミナカヌシノカミ)は、神の末裔であるあなたに選択をゆだねています。
どの道を選んでも、あなたを意思を尊重するよ、と。

page top