【宿題やりたくない】→しなくていいです

【宿題やりたくない】→しなくていいです

 

 

 

 

【宿題】って、負担じゃありませんか?

 

小学生のうちの息子は、宿題がイヤすぎて学校を休むこともあります。

 

「宿題やりたくない」
「でもやらないといけない」
「でもやりたくない・・」

 

学校から帰ったあと、こんな葛藤をしながらゲームやYouTubeを見て、夜になればなるほどますます(疲れて)やる気がなくなり、次の朝やろうと思っても眠くて起きられない。

 

結局、宿題できていないから怒られると思って学校へ行きたくない。

 

あなたの子どもさんはどうでしょうか?

 

 

 

 

勉強は本来楽しいもの!

 

 

 

宿題をやりたくない子供は多いと思います。

 

 

勉強というものは、みずから学びたいと思ってするものです。
だから本来勉強は楽しいのです。

 

例えば、大人になって自分から習い事や何かを学びたいと思う人はたくさんいます。
あなたもそうですか?
私も、今学びたいことがたくさんあります。

 

興味のあることを、もっと深く知りたい!
できるようになりたい!
そのために時間を割く。

 

大人になったときに、本当に自分がやりたいことに気が付く。
だれかに「勉強しなさい」と言われなくなって、ようやくはじめて自分が学びたいことやりたかったことに気が付き、自分から取り組みたい、と思う。

 

今の私たちはそうかもしれません。
これが子どものうちからできる社会であればいいのに・・と思います。

 

「いや、大人になって好きなことをするために、子どものうちからその基礎勉強をしておくのが学校だ、宿題も家庭学習の習慣をつけるために大切なことだ!」

 

 

そう言われるかもしれません。

 

確かに、基礎の勉強がないと社会では不便です。
習慣という点でも、小さなころからの習慣は無視できないものがあると思います。

 

しかし目上の人から指示された課題を、たとえしたくなくても、しなければならない。

 

疲れていても遊びたくても宿題はしなければいけないものとして、ほぼ強制されている。

 

 

 

 

 

 

家庭によってその日の用事もあるでしょう。

 

習い事をしている(させられている?)子もたくさんいます。

 

なのに宿題をしないと、だめ。
みんなが宿題を提出する。
その中で、自分だけしないという選択をするのは、なかなかできるものではありません。

 

そして、宿題をしないというのは“さぼり”と見なされ、まわりからとがめられます。

 

それほどまでしてやらなければならないほど、宿題にはすばらしい効果があるのでしょうか?

 

宿題代行サービスが繁盛しているのを見ても、宿題がいかにストレスで、しかも必要のないものということが分かります。

 

 

学校、塾、習い事だけでもしんどいのに、宿題なんてそもそも必要ないとわたしは思います。

 

夏休みまで宿題のストレスにさらされます。
夏休み=大量の宿題です。

 

なんでも詰め込めばいいというものではありません。

 

家ではちゃんと休むからこそ、学校では学習に集中できるでしょう。

 

学校へ行く子どもは、学校で学んでいるのですから、学校だけで充分だと思います。

 

学校の外で学ぶべきことは、宿題以外にもたくさんあるはずです。

 

勉強というのは自ら探求する、興味深くて楽しい取り組みです。

 

本当は遊びたい休みたいのに、他人から強いられて泣きながらストレスを抱えながら、無理やりやることが勉強ではありません。

 

 

うちの例(失敗談)

 

5、6時間の授業を受けて、重いランドセルを背負って、暑い中やっと家にたどりついた。

 

ゲームをしたいし、YouTubeを見て笑いたいし、アイスも食べてゆっくりしたい。
しかし、まだ宿題というノルマが残っている。

 

うちの場合はなんども
「無理にやらなくていいんだよ」
と言ってきましたが、本人が「やらないといけない、自分だけやらないのは恥ずかしい」と強く思っているらしく、泣きながら、怒りながら、あるいはYouTubeを見ながら片手間で片づけていました。

 

のばしのばしにして「あしたの朝やる。」と言っても、やっぱり起きられません。
たとえ無理やり起きても、半分寝ながら怒りながら、いやいやため息をつきながら・・

 

そんな毎日を何とか打破したく、あらゆる方法を試みました。

 

@帰ってからおやつを食べる前に超スピードでやる。
A違う部屋で気分をかえる。
Bつぎの朝にまわす。
Cほめる。
D叱る。
E機嫌をとる。

 

・・・うまくいったと思ってもその時だけで、どれも長続きしませんでした。

 

結局、今自分がやろうと思っていないことを他人から強制されても、やりたくないものはやりたくない。

 

ということです。
シンプルな答えです。

 

勉強が嫌なのではなく、強要されることがイヤ

 

ただし、どんな子もそうですが勉強自体がきらいな子はいないのです。
なぜなら、人間は本来「知りたい、学びたい、成長したい!」という本能的な欲求があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

この欲求は人間であるかぎり誰でも持っていて、そのために人は生まれてきたからです。

 

あなたの子どもさんも【好きなこと・興味のあること】なら、放っておいてもやり続けているのではないでしょうか?

 

うちの子はゲーム一色です。
フォートナイトという毎日同じゲームです。

 

 

しかしどうやら本当は勉強自体も、宿題の問題自体もキライな訳じゃないようなのです。

 

 

ただ、休みたい・遊びたいときに
【他人から、宿題!と強要される】ことがイヤなだけなのです。

 

 

つまり、自分の意思とは違う何かを【強要・強制される】のがイヤなのです。

 

これは、とても重要なポイントです。

 

これは子どもに限ったことではないですよね。
大人でも同じではないでしょうか?

 

大人でも「これやろうかな♪」と思っているものを、
「それは必要だからやりなさい」と押し付けられ半ば命令されたら、
反抗もしたくなるし、かえって意欲もなくなるものです。

 

どの子も勉強がきらいなわけではない。
宿題の問題自体が、ほんとうにきらいなわけではない。

 

だから好きな先生に変わったり、クラスの雰囲気が楽しいものであったり、問題の出し方がおもしろく工夫されていたり、などがあると、キライがスキに変わったりします。

 

本人の意思を無視してなにかを押し付け、そのうえ良い悪いと評価する、そういった学校のシステム自体に問題があります。

 

とてももったいないです。
わざわざ子どもの好奇心をつぶして、勉強を強要することで勉強を嫌いにさせています。

 

【勉強=嫌なもの】として、子どもの脳にインプットされます。

 

 

宿題をしなくても他にもいろいろな方法がある

 

やりたくもない宿題を無理にしなくてもいいのです。

 

先日、子どもが休む理由を聞かれて、正直に答えました。
「宿題がいやだと言っています。だから学校にも行きたくないようです。」と。

 

お腹がいたいなどと言い訳することもできましたが、もし今日が最後の日だったら、これが先生との最後の会話だったら何て言うだろう、と考えました(笑)

 

そしたら自分と子供の気持ちを正直に伝えたかった。
ごまかしたくなかったのです。

 

家族にもなんて言われるかと思いましたが、(前は学校に行かないことを叱りとばされていたので)だいじょうぶでした。

 

担任の先生が家に来られて、
「宿題しなくてもいいよ、途中までだけでもOK。今日はしたけど明日はしないとかでもいいよ。
学校で先生と一緒にやってもいいしやり方はたくさんあるから。
学校も無理せずに休んでもいいし2時間目から来るとかでもいいんだよ。」
と、子供に言ってくれました。

 

嫌だと正直に言ってよかったと思いました。

 

 

今は法律で
【教育機会確保法】
というものが2017年に施工されています。

 

 

「子供には学校を休む権利がある」
というものです。

 

 

昔は何が何でも学校に来させなければいけない法律でしたので、親も先生も何とかして子どもを学校に通わせなければなりませんでした。

 

しかし時代は変わり法律自体が変わったので、先生もその義務から解放されているのでしょう。
昔のように厳しくありません。

 

こどもの【学校に行かない】権利を守ってくれます。

 

この法律は大々的に報道されているわけではありませんので、知らないひとは多いと思います。

 

しかし法律で決まったことですので嫌なら堂々と休めばいいのです。
宿題ももちろん義務ではありません。

 

宿題が負担であることは、先生も内心わかっています。

 

わたしたちにできるのは、学校というシステムにただ従うのではなく
もしイヤなら嫌だと勇気をもって声を上げることです。

 

これは、当事者である私たち親が声を上げないと学校自体は変わりません。
がまんしていても変わらないのです。

 

 

そしてもし子どもが学校に行かなくてもそれに代わるような学校は今、どんどん増えてきています。
子どもや親、そして先生までもが旧体制の学校のやり方に、もうついていけなくなってきているからです。

 

不登校児は年々増えています。

 

登校する児童たちを見ていても、みんな死んだような顔をしています。
元気にあいさつなんてする子はほとんどいません。

 

あいさつどころか、まず笑っていない。

 

子どもたち、みんなしんどいのです。
その声をわたしたち親は耳を傾けてあげなければいけません。

 

強制された勉強や宿題に生気を抜かれ、覇気がなくなった子どもより
学校に行かなくても遅刻しても宿題なんてしなくても、イキイキしたこどもの笑顔こそ私たち親はほんとうにみたいはずです。

 

 

 

 

 

 

いちばん大切なのは学校や宿題ではなく、子どものあふれんばかりの跳ね回るような元気な姿ではないでしょうか?

 

それを阻害するのであれば、なんのための宿題か、なんのための学校か?と思います。

 

 

目次に戻る

page top