怒ってしまうのはなぜ?

怒ってしまうのはなぜ?

 

つい子どもに怒ってしまい、あとで反省する。

 

もう怒らないと決心して子どもに「怒ってごめんね」とあやまり、でもまた怒ってしまうのくり返し・・。

 

私も前よりは、相当ましになりましたが、まだまだです。

 

イライラを放っておくと怒りになり、エスカレートするといつの間にか激怒しています。

 

怒りをぶつけたあとは確実に、自分のパワーがダウンします。
もちろん子どもも傷つけます。

 

いったいどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

 

まず冷静になるために、自分をごきげんにする

 

興奮したままでは感情もおさまらず、どんどんエネルギーをムダにつかってしまうので、まずは冷静になれるようにします。

 

そのためには、ひとりになって、自分にごほうびをあげましょう。
自分を責めるのは逆効果です。

 

怒りはいけないと我慢したり、抑えつけたりしてもそれは暴走するだけです。

 

自分にごほうびをあげてねぎらうのは何故かというと、自分を責めるのではなく怒りの感情を肯定してあげるためです。

 

そして怒りの声を聴いてあげるためです。

 

怒りの声(メッセージ)が分かれば、同じことで怒ることは今後なくなります。
これは冷静でないとできません。

 

ある程度、自分が平静になる必要があります。
できるだけ気持ちがごきげんになるために、何でも利用してみてください。

 

私の場合はひとりになって、好きなものを自分のために作って食べたり、カフェなどに行き好きなものをたべたりしますヽ(^o^)丿

 

ですのでまずは、怒っている自分を否定ではなく肯定するために、そして声を聴いてあげないといけませんから、自分の好きなことをしてパワーを養ってください。

 

子どもから距離をとって、自分の世界にひたることが大事です。

 

子どもからも物理的距離をとって、怒りからも心理的距離をとってください。

 

そうすると外側から、客観的にみることができます。

 

 

怒りの声を聴いてみる

 

ある程度ごきげんになって、怒りが少し落ち着いたら、ご自分の内面に問いかけてください。
「声を聴かせて・・?」と。

 

その怒りは、なんといっていますか?
なんでも思いつくままありったけ、紙に書きだしてみてください。

 

紙にかくことはとても大切なアクションです。
アタマの中で考えているだけでは、同じところをグルグルと思考が回っているだけで、まったく先に進みません。

 

紙に書きだすことで、客観視できます。
一度思ったことを二度もグルグルと考えることはないですし、段階をふんで自分がどう思っているか整理できます。

 

あとで見返すと自分の成長が分かり、とてもオススメです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うちの例ですが、息子が明日学校(夏休みの補習)に行くと言って「〇時に起こして、学校まで送って」と言われたから、そのとおりにしているのに、起きずに怒って暴れる。

 

起きてくれないと、わたしの仕事へ行く時間も迫っているし、学校まで送迎もしないといけない、先生にも友達にも約束したのに!と焦って次第にイライラしてきます。

 

とうとう怒りに火がついてしまい今朝、またしても怒ってしまいました。

 

なんど「もう怒らない」と決心しても、怒るときは怒ってしまいますね。
もしかしたらあなたもそうですか・・?。

 

そこで、自分のなかをよく探ってみました。

 

 

 

なにかしらの気づきがある。それこそが自分の成長の証

 

こんな声が出てきました。


「自分の仕事のペースを乱されたくない、妨害されたくない、あなたたちのために(まあ自分のためなのですが・・)がんばっているのに!」と。

 

 

そこで、もうひとりの私(神さま)がこう質問しました。

 

「子どもたちはおまえの仕事のペースを乱す?おまえの人生を妨害しているのか?」と。

 

私は反論しました。

 

「だって、私は子どもたちのためと思って一生懸命努力しているのに、寝坊したり、ゲームばかりで昼夜逆転でダラダラ努力もせず、いう事を聞かなくて手間をかける!わたしの足を引っ張らないで!」

 

そしたらこう返されました。

 

「子どもに手間がかかるのは当たり前だ、人の世話というのは本当にたいへんだよ。それをお前はやっている、それもお前の仕事だ、お金を儲けることだけが仕事ではないよ・・。あとは子どもをムリに動かそうとするのはやめろ。」と。

 

・・それで私は気が付きました。

 

そうだった、お金を儲けることもたいせつな仕事。
でもお金だけ儲けても、子育ての手間をかけたくないからと言っていたら、子どもはどんどん大きくなる。

 

いつの間にか成長して、その時にはもう取り返しのつかないことになるかもしれない。

 

今の子どもの心にちゃんと向き合い、【期間限定】の子育てをするのも、自分の仕事だ。

 

いま気がつけてよかった。

 

どんな時でも【今】が大事。
今を充実させること。

 

ていねいに子どもの心、自分の心に向き合うこと。

 

そして、自分の思った通りに、つまり順調にコトをはこばせるために、子どもたちをコントロールするのも、あらためてやめようと思いました・・。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

怒りは、人が(子供が)原因ではありません。

 

自分のなかに答えがあります。
(自分が悪いとかいう意味では決してないです。)

 

なにか大切なことに気づかせてくれる、きっかけなのです。

 

かならず、怒りの中にメッセージがあります。
そのメッセージはあなたを今より幸せに、より考え方が自由になるためのプレゼントです。

 

怒りの体験自体はつらいですが、フタをあけると、なにかしらのプレゼントが詰まっています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

親は誰でも完璧ではありません。

 

それでいいし、それであたりまえです。

 

怒ってしまったら、素直にあやまればいいのです。
自分を責める必要はないのです。

 

どうぞ、これ以上自分を責めないでください。

 

子どもは分かってくれています。

 

そして間違いなく、あなたを愛してくれています。

 

 

 

 

目次に戻る

page top