教育・子育て

教育・子育て記事一覧

今、不登校の子どもが増えてきているそうですね。あなたのお子様はどうでしょうか?うちの中学生の娘は今は学校に通っておらず、月に1度はデモクラティックスクール(子供の自主性を尊重し、あらかじめ決められたカリキュラムや時間割がない中で自分の興味のあることをする学校)に通っていますが、普段はどこにも出かけませんから昼まで寝ていますし昼夜逆転だったりもします。学校に行かず引きこもっているわが子を見ているのは...

子どもが全然言うことをきかない。毎日毎日同じことを言っているのに、スルーされる。いったい何十回、このセリフを言っただろうか・・もうしらない、どうでもいいや、好きなようにして。本当は可愛いはずなのに憎たらしい・・。そんな思い通りにならない子どもにイライラする気持ち、私も2人の育ち盛りの子どもがいますのでよく分かります・・。【子どもは言うことをきかなくてOK】私も、怒りの感情が爆発して子どもに当たり散...

家族や職場に身近にいる不潔で不衛生なひと・・。あなたのまわりにももしかしてそういう人はいますか?現実的な対策はいろいろとあると思うのですが、ここではまた別の視点から考えてみたいと思います。【お風呂が嫌いなこども】じつはうちの小学生の息子がお風呂嫌いで、わたしはほとほと困り果てている今日この頃です。外から帰って手も洗わないし歯磨きもイヤイヤ・・学校から帰ったあとは特に、どこで何をして汚れているかわか...

前回の記事で子どもがお風呂や歯磨き・手洗いを嫌がることを書いたのですが、それは自分自身もそうだったと気が付きました。いえ、わたしはお風呂・歯磨き・手洗いが嫌いなのではないのですが、掃除をあまりしていないことに気が付いたのです。表面的に掃除機をかけたり片付けをしたりは結構好きな方なのですが、床そうじ(床みがき)をしていないことが実はずっと気になっていたのです。我が家はあまり、床そうじをするという習慣...

先日、娘に言われました。「だってママと話していても、すぐママの話にすり替わるから、話したくても話せない。アドバイスを欲しいわけじゃなくて聴いて欲しいだけ、アドバイスして欲しいときもあるけど・・」(これはいきなり言われたわけではなく、私が、「なんで自分の思っていること話してくれないの?!」とよりによって説教のあと、問い詰めたからです。)これは、ものすごく私の心に刺さりました。図星でした。そりゃそうだ...

【宿題】って、負担じゃありませんか?小学生のうちの息子は、宿題がイヤすぎて学校を休むこともあります。「宿題やりたくない」「でもやらないといけない」「でもやりたくない・・」学校から帰ったあと、こんな葛藤をしながらゲームやYouTubeを見て、夜になればなるほどますます(疲れて)やる気がなくなり、次の朝やろうと思っても眠くて起きられない。結局、宿題できていないから怒られると思って学校へ行きたくない。あ...

学校の理科の教科書の「試験管での実験」のページを見て、子どもが大きな声で言いました。「これ、いつ使うん?」(将来何に使うの?)そして「ぜったい“まじめ君”しかやらんやろ?」と付け足しました(笑)確かにそう言われればそうですね。学校で勉強した内容は、大人になって使うことは一部を除いてほとんどなさそうです。知っておいた方がいい内容ももちろんあります。しかし、そういったことは何も全員が同じ時間に同じ空間...

前記事で公教育は崩壊するということについて書きました。そのうえで、今思っていることを書こうと思います。今の公教育が崩壊するのは時間の問題これは避けられないでしょう。なぜなら時代は多様化し、テレワークをはじめさまざまな働き方、そして自由な生き方がこれほどまでに世の中に広まって浸透していっているのに、学校教育のやり方は昔とほとんど変わっていない。(明治時代と同じだそうですね。)同じ年齢の子どもが同じ時...

学校に行っても行かなくても、勉強ができてもできなくてもどちらでもいい。すべての子どもは、それぞれにすばらしいです。自分の例いつも私事で恐縮ですが・・今までわたしは2人の子どもに対して、上の娘には生まれたときから、ほめてほめて育てました。子育ての講座で、「一日10回以上は子どもをほめましょう」と教わり、その通りにしていました。逆に下の息子には当時のいろいろな事情も重なり、いつも叱って育ててしまい悪循...

不登校の子は目立つ、でも・・不登校の子どもは、年々増えてきています。とはいえ、まだ全体から見れば少数派で、目立つこともあるでしょう。うちの子どもは最近、学校に行かずに家でゴロゴロしていることもあります。先生から毎日電話がかかってくるし、田舎特有の近所の目もあるし、家族の批判もある。学校に行かないなんて、小学生では学年にひとりくらいだそうですから、珍しさもありどうしても目立ちます。ときどき二時間目の...

先回りせず、子どもの失敗を見守る子育てにおいて、親が先回りしないことが大切だと、改めて分かりました。わたしたち親は、かわいい我が子に痛い思い・苦しい思いをしてほしくないものです。だからこそ親は子どもにできるだけ痛い思いを味わせないように、ずっと幸せで生きていってほしいからこそ、あれこれ言ってしまいます。でも子どもにあえて失敗させることは大事です。びっくりするような例ですが、アフリカのどこかの部族で...

つい子どもに怒ってしまい、あとで反省する。もう怒らないと決心して子どもに「怒ってごめんね」とあやまり、でもまた怒ってしまうのくり返し・・。私も前よりは、相当ましになりましたが、まだまだです。イライラを放っておくと怒りになり、エスカレートするといつの間にか激怒しています。怒りをぶつけたあとは確実に、自分のパワーがダウンします。もちろん子どもも傷つけます。いったいどうすればいいのでしょうか?まず冷静に...

「もうやりつくしたから(笑)」あるとき、デモクラティックスクールの卒業生の男性と話す機会がありました。その男性は今は2児の父で、いまはIT関係の仕事をしているようです。わたしが「もう今はゲームはしていないの?」と聞くと、こう返ってきました。「もうやりつくしたから(笑)」そのとき私はこう思いました。ああ、もうゲームに関しては、やり切った達成感でこころが満たされているのだな。と。自分で納得がいっている...

page top